鍋嶋絵里先生


■コースについてお話ください

森林コースは森林について幅広く学びます。2回生になると実習がありますが、
樹木の生物学的なこと、樹種・多様性といったことから、資源としての森林、生き物やバイオマス、森林を木材としてどうやって使うのか、木材の基本的なことなども含めて、幅広く学べるコースになっています。


 

■どんな学生さんに選択してほしいですか?

今、資源や環境でいろいろな問題があります。
そういう問題に対して、森林はとても大事な役割を持っています。
環境のことに問題意識を持っている方にも来てほしいし、純粋に生き物とか森林が好きな人-森林だけじゃなくてもいいんですけど、森林は生物が多様な所ですし、バイオマスとしても生物としても森林は陸上の中では一番豊富なところです。なので、そういうことに興味がある人、生き物が好きだったり、環境が気になる人が来てくれたらいいなと思います。

 

■学生さんとの思い出を聞かせてください

森林の中を歩いたことがない人が多いので、本当に傾斜がきついことに驚いたりするんです。2回生の後期で実習をしていく内に、逞しくなっていきます。そんなにキツイというわけではなく、人は昔から森林を歩いていたし、それを忘れているだけのような気がします。山を歩くって、やってみたら案外大丈夫なんです。
みんな打ち解けてきて2回生、3回生ってなっていくうちに新しい面が見えてきたり。
先生と学生さんの間もそうだし、学生さん自身も新しい面をみつけたりするんじゃないかなと思っています。そこが楽しいですね。