生物環境学科について


本学科は、人類と生物が安全で快適に共存できる環境を提供できる人材を育成することが目的です。

私たちが生活する上で重要な自然環境。そこでは様々な問題が起きています。
自然なくして人は生きていけないのですから、その問題と無関係ではいられません。

そこで、本学科では「自然と人が共生しながら生きていく社会をつくる!」を主テーマとして掲げています。

この人類的なテーマの実現の為に、私たちを取り巻く様々な環境を創造、修復、保全、管理、利用するためには高度な科学知識と技術が必要です。

生物環境学科では、山から海までの環境問題を総合的かつ包括的に学ぶことができます。

具体的には、以下のような特徴があります。

・環境に関する先端的な計測・分析・解析や改善手法の習得
・基礎的かつ体系的な科学知識の学習
・人類と自然を共存させる環境研究


アドミッションポリシーとディプロマポリシーはコチラをご覧ください。