上谷浩一先生


■コースについてお話ください

森林資源学科コースのフィールドは森林です。
人にとって森林とはどういうものなのか、また人以外の生物にとって森林とはどういうものなのか。
例えば、そこ生息する全ての生き物にとって森林とはどういうものであるのか、そして森林の存在はどのように私たちの役に立っているのか?そういうことをより良く理解することを目指しています。

もちろんこの学問は、人の為でもあるわけです。いろんな立場の取り方はあると思うんですけど。私たち人間が、いろいろな生物がいる森林生態系からどのような利益を享受しているか、また自然との共存をはかるためにはどのような努力が必要なのかについて多角的な視点から研究しています。森林へのアプローチは皆さん違うので多種多様な研究テーマが存在します。